在宅イラストレーターのなり方!募集を探そう【イラストレーターになる方法】

在宅イラストレーターのなり方!募集を探そう【イラストレーターになる方法】

私が在宅のイラストレーターの仕事ができるようになるまでにしたことをお話しします。

在宅イラストレーターになれた方法とは?

デッサン教室に通ってデッサン力をみがいた

AdobeのIllustrator、Photoshopを学びました。この2本のソフトを学んだ知識はとても役立ちました。

それからデッサン教室に通ってデッサン力をみがきました。裸体のデッサンで人間の骨格などを学びました。デッサン教室は、通ってみるとかなりデッサン力が上がります。

イラストレーターのWebサイトを作った

ポートフォリオを作るために、Webサイトを作りました。数点のイラスト、連絡先のメールフォームを設置しておきました。サイトからの依頼がきて、実績を積み重ねることができました。

仕事はまだしていないけれど、イラストレーターとなのった

イラストレーターと書いた名刺と、フリーのイラスト入りポストカード、自分の作品を用意して、デザインフェスタに参加しました。このときにポストカードを持ち帰ったクライアントからイラストの仕事をいただきました。

ネットで在宅イラストレーターの募集を探した

ネットで在宅イラストレーターの募集を探して連絡をとってみました。私が募集を探したときは、自分のWebサイトを文面にそえてメールをひたすら送っていましたが、今なら在宅イラストレーターとして、ブログを運営するのもいいかもしれません。ほとんど経験がなくても作品を気に入っていもらえると、お仕事をもらえることを知りました。

まとめ

在宅イラストレーターはクォリティーが求められる仕事だとは思いますが、趣味を仕事にできる数少ない職種のひとつだと思います。ネットを活用すると、わりとお仕事に結びつきやすいと感じました。